読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RIKITO KATAYAMA レビュー

私が見た映画、アニメなどのレビューをしていきます。面白い、面白く無いは私の独断と偏見です。

「アンコール!!」レビュー

※ネタバレします。。。

 

 ふと、Huluで映画探していたら、随分前に王様のブランチで紹介してた「アンコール!!」という映画を見つけたので観てみることにしました!

 

 この作品はね、アーサーという老人が主人公なんですけど、彼には余命数ケ月のマリオンという妻がいて、彼女は老人の合唱団に入っているんです。このマリオンが本当に可愛い、良いおばあちゃんなんですよ。合唱団のみんなから好かれていて、息子や孫想いで、でもアーサーの前ではとことん甘えん坊な、とっても魅力的なキャラクターでした。そのマリオンと全く真逆の性格なのがアーサー。彼はとにかく、ぶっきらぼうで悲観的、マリオンのお見舞いにきてくれた合唱団の仲間達に「帰れ!迷惑だ!」と暴言を吐いて追い返してしまうくらい、人付き合いが苦手な人です。そのせいで息子との仲もだんだん悪くなってしまいます。。

 

 私がこの「アンコール!!」で一番グッときたのは、このアーサーとマリオンの関係性です。物語中盤、この映画で私的に一番良いシーン、老人合唱団『年金ズ』が国際合唱コンクールに向けた路上コンサートをやることになります。体調がすぐれないマリオンの出演を最後まで反対していたアーサーなのですが、彼女の強い意志に負けて承諾するんです。

そして本番。年金ズのパフォーマンスが始まり、マリオンを含め皆楽しそうに歌い始めます。『天使にラブソングを』さながらのノリノリ合唱。盛り上がる観客。最後の曲でマリオンがアーサーに向け、ソロで歌う場面も。ぶっきらぼうのアーサーも、おもわずニヤっと笑みがこぼれます。

しかし、アーサーは終演するとマリオンに感想も言わず、立ち去ってしまいます。年金ズのみんなと楽しそうに笑い合い、抱き合っているマリオンの姿を見て「ずっと一緒にいた自分には、マリオンを笑顔にすることはできないのか?」「マリオンは自分よりも年金ズのみんなの方が良いんだ・・・」と悲観的に考えてしまったのです。これはアーサーなりの愛情表現なのに、周りの人間には理解されません。「あなた、生きにくい性格をしているのね」とひどい言葉を浴びせられたります。ここのシーンは見ていて、ひたすら心が苦しかったですね。。。

そこに、マリオンが笑顔で近づいてきます。「家に連れて帰って」と。アーサーは「みんなのところへ行かなくて良いのか?」と聞きます。するとマリオンは「あななたと家に帰ってソファでくつろぎたい」と優しく告げるのです。マリオンにとっての一番はいつでもアーサーだったのです。これはやばい!!こんなに一途に愛されてみたいものです。

 

 アーサーのから回ってしまうマリオンへの愛。マリオンのまっすぐなアーサーへの愛。この2つのバランスが愛らしく、そして切なく描かれています。こんなじいちゃんになりたいなと思わせる、そんな映画でした。

「リトルウィッチアカデミア」第4話レビュー

※この記事はネタバレ内容があります。

 

 今回は、仲良し3人組の1人、メガネでそばかすっ子ロッテ。

 彼女が好きなシリーズ小説「ナイトフォール」の作者アナベルに会うため街へ向かうアッコ、スーシィ、そしてロッテ。そこでロッテは、ナイトフォールのクイズ大会に出場し、優勝する。しかしこの大会は、作者アナベルが次のナイトフォールの作者を見つけるためのものだった。実は今のアナベルは12代目で、自分の作品が叩かれることに嫌気がさし、13代目を探していたのだ。それを知ったロッテは、12代目アナベルとナイトフォールについて熱く語りあい、創作意欲を再び掻き立てたのだった。

 

 と、いうのがあらすじです。

 

 今回も私は、テレビの前でポロポロ泣いてしまいました。。。その理由はなんと言っても、ロッテのナイトフォールへの愛です。ナイトフォールという小説は作中では詳しく描かれませんが、クライマックスのロッテとアナベルが語りあうシーンで「ここの話がこう良くて・・」「この話はここが好きなの」などと、目をキラキラさせている2人を見ているだけで、本当に素敵な作品なんだなとわかります。私自身オタクなので、自分の好きな話を誰かと、ましてや作者とできるなんて本当に幸せなことなんだと、良くわかります。

 こうやって、本当に幸せそうな人を見ると私は感動してしまうのかもしれません。今回はそこまでアクションが派手な回ではありませんでしたが、私的にはとても心が温まった回でした。